fc2ブログ
ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008'06.23 (Mon)

『アンチエイジング』

こんにちは。奥田です。

昨日、都内において「日本成人矯正歯科学会 第16回大会」があり参加してきました。
治療対象年齢の幅が広く、すべて天然歯とは限らない成人における矯正治療の特殊性を
テーマにしている学会で、私は「日本矯正歯科学会認定医」の他に、
「日本成人矯正歯科学会 認定医」でもあります。

今年のテーマは、「アンチエイジングと矯正歯科のかかわり」。
近年、“アンチエイジング”という言葉をよく耳にします。
“抗加齢”“老化防止”などと訳されています。
学会の問題提起としては、エイジングは外見的・内面的なものに分けて考えられ、
ついに時代は内面的な(本質的な)アンチエイジングを求め始めている-というものでした。

大会長・亀田晃教授の言葉によると、外見上の審美的な施術(美容、手術、化粧等)は
技術的にも限界に達し、見た目の評価基準もバラバラであるため、ここで一度立ち止まって
カラダの内面(本質)に戻り、そこから出発していく。 それにより外見上の効果をさらに
もう一度評価していってもいいのではないか。 これでこそ、内外面からの本質的なアンチエイジングなのではないでしょうかというものです。
実際に、化粧品メーカーでは本来皮膚が持つ天然の膜を温存、強化させ、不足した皮脂や
水分を補うという内面的改善が主流になりつつあるそうです。

私たちの専門分野である歯科医療の内面的アンチエイジングの本質は、
歯牙の植立している『骨』です。
これからの課題は、歯科治療後の骨や歯根の変化、それに伴う顔貌の変化、
歯肉の内側にある線維組織、骨植(歯の植立)安定等のクローズアップが挙がっています。
どれも古くて新しいテーマです。

ゲストスピーカーには歯科医学分野の他、産婦人科学、細菌学からの専門家の講演があり、
大変勉強になり、充実した内容の学会でした。


Edit |  15:05 |  院長のブログ  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |