fc2ブログ
ネットショップチャットレディSEO対策SEO誕生日プレゼントパワーストーン自動車
2022年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2021'04.20 (Tue)

アンカースクリュー

こんにちは。奥田です。
今年に入ってから、「アンカースクリュー」についての問い合わせが数多くあります。

電話で、「そちらはアンカースクリューでの治療をやっていますか?」 「先生はアンカースクリューの治療、うまいですか?」等の質問もあるそうです。

アンカースクリューは別に最近のものではなく、ずっと前からあるので、「なぜ今更…」という印象を受けます。
先日、初診相談にいらした方からも同様の質問を受けたので、いったいどこでこの”ワード”を知ったのですか、と聞いてみました。
答えは、Twitter。
アンカースクリューを打つとすべての夢がかなう、理想の横顔になれる、治療期間も短くなる、と”誰か”が言っていると言うのです。

アンカースクリューは歯の移動に必要とする固定源の一つです。 
一般的には歯根の表面積の大きい大臼歯を固定源として使うことが多いですが、大臼歯を使わない(使えない場合の)方法として考え出されたものです。
アンカースクリューは外科手技による感染リスク、出血を伴うため、必要な患者さんにはこちらの診断で使用を決めています。
必要なければそれに越したことはありませんので、希望される全患者さんに使用することはありません。
代官山矯正歯科でもアンカースクリューを使用している患者さんはいらっしゃいますが、ほとんどが不要です。

歯の移動は、歯根膜内毛細血管由来の破骨細胞が歯槽骨を吸収することで初めて起こります。
アンカースクリューを打ったとたんに歯が早く動く、などということはありません。
ましてや、誰でも希望通りの横顔になれる訳でもありません。歯は歯槽骨内でしか動けず、顎骨は変わらないからです。
アンカースクリューを打つと、通常の抜歯以上に口元が下がる、こともありません。
抜歯空隙以上に前歯は下がらないからです。

顔、輪郭を変えたい、イーラインを作りたいのであれば、それは外科手術です。 
歯槽骨を対象とする矯正治療のみでは顔全体は変わりません。
矯正治療の目的は、美容ではなく 「咬合機能の回復」です。

噂等に惑わされることなく、しっかりと医師の説明を受けて治療に臨むことをお勧めします。
Edit |  14:37 |  院長のブログ  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |